HOME > Car Audio > TOYOTA > ALPHARD
Car Audio

ALPHARD
新規のお客様、新車納車と同時にアルパインBIG−X9インチ、フリップダウン、カメラ取付、オーディオはKICKERです。
新車のアルファードは常連さんのご紹介です。
KICKER RS65.2のTWはAピラーに埋め込み
オーナー様からのご要望は着いてる感を強調するようにと

滑らかなラインで存在感をアピール。
ヘッドは9インチのBIG−Xでスピーカー出力をHI−LOコンバーターでRCA変換後トールギスのDAC内臓チャンデバでマルチチャンネル化しアンプへ出力
ナビヘットとは次元が違うサウンドへ
運転席下にはKICKERのハイダウェイ
HS8をオリジナルのステーで車体にボルト固定して、ベルトで固定。
Aピラーはアルカンターラで仕上げ
マイクはスイッチパネルの空きの部分に埋め込み
ドアはオリジナルのデットニングプラス秘密の小細工仕上げ。見た目ではわかりませんが

オリジナルのバッフルでRS65.2のミッドを取付
フリップダウンはアルパインの3500プラズマイオン搭載です。
バックカメラも取付
9インチは大画面で迫力ありますね。
シフト横の小物入れにはHS8のコントローラーを設置してあります。


ALPHARD 20
常連様の奥様車両オーディオ、セキュリティー、車高調、タイヤ&ホイール、ヘッドライト、テールランプなどなど
ヘッドユニットは純正ナビを利用してスピーカー出力をアンプに入力
デッキ下にはキッカーのPECRV12のコントローラーとクスコの減推力調整E−CON2の表示部をセット
ルームミラーサイドにはユピテルのドライブレコーダーをセットしました。
リアドアにはインナーバッフルでKICKER KS65をセット
フロントドアは純正風にグリルを加工して
アルミノパンチングで開口率アップし、サランネット処理
ダッシュの純正位置にオリジナルマウントステーでRS65.2のTWをマウント
サードシート後ろにPECVR12のボックスセット。

脱着可能なので積み下ろしも簡単です。

音はKICサウンド存分にお楽しみいただけます。
ヘッドライトは加工済みのものをセット。
ノーマルのアルファードがあったので並べて見ました。
テールランプも交換してイメチェンです。
クスコの車高調で若干下げてレクザーニの22インチを程よい車高でセット
ヘッドライトのインナーブラックと相まって
引き締まりましたね。
リアもタイヤが隠れるか隠れないかのギリギリで括弧良くセット。


ALPHARD 20
常連様の奥様車両にオーディオ&セキュリティーなどなど取付です。
フロントドハはスタンダードのデットニングとフェリソニを4本セット
スピーカー裏にフェリソニを投入
リアドアはインナーバッフルにて
フロントスピーカーグリルは作り変えて純正のようにメッキの飾りも元通りに
パッと見は純正です。
フロントドアはKICKER RS65.2のミッドをオリジナルバッフルにてセット。
ヘッドライトも加工済みのものへ
クスコのスペックA車高調
ドアミラー下にランプも追加
アンプはKICKER IX500.4
を助手席下にせっとして、パッシブも各シート下へ
アルファード&ヴェルファイアの定番設置場所ですね!!


ALPHARD
以前オーディオを組んだお客様、チューンナップタイプのウーハーから
本格的にアンプとウーハー設置。
サードシート下のスペースだけでボックスとアンプラック製作です。
選んだユニットは高さと容量の関係で10インチのCVTを2発
アンプはZX1000.1でパワー十分。
シートレールを避けてBOXを作ります。
ウーハーの高さとパネルを組み合わせた最大高を考えて、シート下のクリアランスギリで設計
アンプラックの下もウーハーの容量を確保する為有効活用。
カバーはカーペット生地で純正のカーペットに合わせました。

カバーにマルチカラーのLEDを埋め込み
配線接続
アンプウーハーを組み込んで完成。
カバーをすれば荷物も載せれて、安心です。
マルチカラーLEDは大人気です。


ALPHARD
常連Sさんの奥様車両
純正HDDナビを使った快適システム!!
車高調で車高もバッチリ!ジオバンナがカッコいい
アルパインPKG-2000取り付け
純正ナビにAUX入力&純正ナビからの出力とWで楽しめます
オリジナルのステーですっきり取り付け!
PKG2000のDVD画像も外部入力で
純正バックカメラの映像は一度分配してミラーモニターへ
純正AUXは自動切換えのAVセレクターで
4系統まで入力可能!!
フロントスピアーカー、リアスピアーカー、サブウーハーもアルパインで統一!!


アルファード5.1ch
ピラーにはDLX-Z17PROのTWを埋め込み
ちなみにZ-17Wはドアにインナーバッフル製作し取付
■アルパインHDDナビ&5.1CH

本体は何の加工も無く純正位置に取付
PDX-4.150アンプ、プロセッサー本体、ミニアンプはシート下にセット
サブウーハーはSWW-5000をラゲッジに取付
天井には10.2インチモニターを取付
センタースピーカーはロックフォードT142C
コアキシャルをバッフル製作して埋め込み。
リアフィルにはDLX-Z17Wをピラーに埋め込み、ダクトホースが有るので、ダクトホ右後ろののピラー内はリアエアコンースをワンオフ製作し取り付けしました。
パッと見には分かりませんが実は加工してあります。