HOME > Car Audio > TOYOTA > TACOMA
Car Audio

TACOMA
今回はデットニングです。
以前取り付けたKICKER DS650.2を生かすようにデットニングステージTを施工します。
まずはビニールのシート&ブチルを綺麗に取り除き、シリコンオフでドア内等を綺麗に掃除します。ロッド類はコルゲートで保護済み
ドア内部はデットニングに加え、拡散処理、吸音処理を施し、インナーパネルを補強していきます。
助手席も同様に、後付けのP/Wモーターは振動を抑える為に、低反発素材の吸音材を使用して泣きを抑えます。
見た目は変わりませんが、ドアの締りがよくなって、チャチな音ともお別れです。

デットニングの効果も覿面でMIDのなりが
一層よくなり、つながりもGOODです。
今回、ドア連動&スイッチ連動LEDに新たにON-OFFスイッチも新設。


TACOMA
今回はウーハーをKICKER COMP VRからCVR12インチへ変更。
アクリルにLED照明追加しました。
今回はCOMP VRから現行モデルのCVRへ変更です。
先日、作ったレーザーマーキング加工のアクリルはLED照明を追加
LEDは4mm幅のテープタイプを使用
アクリルの端を7mm*4mm幅でカット
レーザーマーキングのKICKERロゴもバッチリ浮かび上がってます
ウーハーのスリット部分も綺麗に光ってます。


TACOMA
先日のタコマにアクリルカバーを製作。
いつもお世話になってる岩倉溶接さんでレーザーマーキングの加工をお願いして
ウーハーとコアキシャルの穴あけ加工を施し
耐水ペーパーで水研ぎ後コンパウンドで磨きを掛けて
ツルツルピカピカ!!

これでLEDを照らせば文字が浮かび上がってナイトシーンもバッチリ!!
取り付けるとこんな感じです。
アンプの上にはレーザーマーキングのKICKERロゴが!!
上に載っても大丈夫なように作って
ウーハーのところはプロテクションを入れて
完成です。


TACOMA
常連のM君車乗換えで、ナビ&オーディオ&セキュリティー取付。
その他にも、使い勝手と安全性のため、各部配線類の改善作業。
タコマに乗り換えで、DIYでチャレンジ予定が大事に・・・・
まずは元々付けられていたPWのKITとドアロックアクチュエーターの配線を取り回しから改善。
ドアの中もスッキリと
スピーカーグリル近くにいたPWスイッチは
操作性と、スピーカに当るとの事でダッシュの操作しやすい場所へと

ドアの配線を引きなおし、配線の作り直しなど改善を
今回は純正マウントにバッフル追加して
KICKERのDS650.2のミッドを
TWはミラー裏に
お客さんの希望でパッシブはドアパネルの外側で
リアには車に付いてたアンプラック&ウーハーボックス。

ここにCOMP VR 12インチとZX350.2、DS5250をインセット
ヘッドはイクリプスの779HD