HOME > Car Audio > TOYOTA > COROLLA FIELDER HYBRID
Car Audio

COROLLA FIELDER HYBRID
カローラフィールダー完成形
新型フィールダーにフルキッカー搭載
フロアデットニングから遮音対策、ナビはケンウッドでハイレゾもOK!!
ヘッドユニットはケンウッドMDV-Z702Wを使用。ハイレゾ音源対応です。
ドアはアウターバッフル制作し、音の抜けを良くし、情報量を落とす事無く再生します。
スピーカーはQSS674を取付
ピラーにはTWを埋め込み。
ドアのミッドと軸上がそろうように配置して角度付して埋め込み
助手席側ピラー全景
コンソールには1000.1アンプのコントローラーを埋め込み
フロアのパネルを作り替えトヨタ純正カーペット生地にて張替
ふたを開ければアンプ2台のメンテナンスと
コンプレッサーや車両工具にアクセスできます。上には小物入れも装備して車としての機能もばっちりです。
蓋をすればノーマル然としております。
ウーハーはキッカーがデザイン&設計した専用バスレフBOXに設置されたQ−class L7 12インチを採用
リアラッゲジに搭載するとこんな感じ
メンテナンスもばっちり

アンプはIQ500.4とIQ1000.1を使用
ナビからのスピーカー出力をIQアンプにハイレベルインプットで接続
FIT回路搭載のキッカーアンプはハイレベルインプットで入力した信号をそのまま増幅するためRCA接続に比べよりクリーンでハイレベルなサウンドを手に入れられます。


COROLLA FIELDER HYBRID
新型フィールダーにフルキッカー搭載
フロアデットニングから遮音対策、ナビはケンウッドでハイレゾもOK!!
ハイブリット車特有のに軽量化で薄い鉄板の鳴きや遮音性を高めるためフロアのデットニングから
リアフロアも
デットニングの次は遮音性を向上させる為に
遮音マットや吸音材を敷き詰めます
バッフルはフィンランドバーチを使用
層積して削り出しのスラント加工でドアの角度をコントロール
ドアに設置したときに、理想の角度になるように削り出したバッフルを取り付け。
当店オリジナルドアチューニング
SQタイプ スタンダードでは物足りないもっと上のデットニングが当店オリジナルのSQドアチューニングです。
リアラゲッジには車載工具やパンク修理材、コンプレッサーなどもあるので、取り出しやすく設置
アンプラックと2階建てにして設置
アンプ下にはグランドのディストリビューションブロックとパッシブを設置
手前にはアクセスしやすいようにフューズブロックを設置
ドアはバッフルとドアパネルが干渉しない様にアウターバッフルを制作