HOME > Car Audio > NISSAN > CIMA
Car Audio

CIMA 50
ウーハーの出力をHI−LOコンバーターで
変更して
アンプはロックフォードのプライム
純正位置でバッフル作りましたが、余りにもビビリ音がすごいので、BOX製作して設置
アンプはボードに固定して
ウーハーはボックスでずっしりとした低域を再生。
純正モニターにDVD映像
ルームミラーにも


CIMA 50
常連様車両入れ替えで50シーマ入庫
車高に拘るオーナー様
車高調でバッシット決めてます。
純正オーディオにDVDデッキ追加して
フロントスピーカー&リアスピーカー交換
サブウーハー交換です。
フロント度母パネルごと取り外してデットニングを
純正モニターへ外部入力するのでセンターコンソールばらして
インナーバッフルはFRP樹脂塗ってつや消し塗装します。
フロントドアにはJBLのアニバーサリーモデルを取り付け
リアドアはロックフォード
利アド母デットニング無ですが、ちょっと背圧処理を施し
純正ヘッドレストには7インチモニターを埋め込み
ルームミラーとヘッドレストでモニターが賑やかです。


Y32CIMA
Y32シーマドアパネル製作の続きです。
インナーバッフルは厚みを持たせてドアの形状に合わせて製作。角度も付けてバッチリです。
パネル側はお元のレザーと同じ色で
当店一押しのレーザーマーキング。
アクリルにレーザーにて文字入れや写真などを入れます。
LEDで照らすと文字が浮かび上がる
サンドブラストのようなザラ付が無く、裏表どちらもツルツルです。
完成画像。
ドアのカーテシランプ連動でLEDが点灯。
助手席はKICKERロゴ
運転席はチームの看板で


Y32CIMA
以前セキュリティーを取り付けさせていただいたお客様。
今回はドアのバッフル製作&KICKER取付。
車両の全体よりもこのシャコタンブギのようなスタイルを
まずは折角張り替えられたドアですが、バッフル製作の為分解&剥離。
ドア内部はデットニングを
全体を強化しつつポイントを抑えて
まずはビニールレザーを剥がし、純正のレザーも剥離。
デザインを決めてカットラインを罫書き
車両にて確認。
いきなり整形完了。
内張りとあわせて
インナーバッフルは防水加工してつや消しブラックにてペイント


CIMA Y33
10年ぶりぐらいにご来店のお客様!!以前はSPL仕様のアベニールに乗っていた某メーカー営業マンです。今回はいい音で聞ける様にとのご依頼!!ありがとうございます。
メインユニットは当店定番?
きっとでSPLマシーンから使い込んでるであろうDRX9255
オーバーホールして使用します。
TWはピラーに埋め込み
えぐって、しゃくらせてパテ整形です。
デットニングは当店ステージ1
インナーバッフルは変形型ですので、2枚の板を組み合わせて、特殊ボンドで接着!
整形後防水処理を施しFOCAL 165KRX2のミッドを取付
ピラーには165KRX2のTWを埋め込み
アルカンターラでフィニッシュ
自然なラインの中にもう一つラインがあるのが分かりますか??
落とし込みのラインを少し見せつつ・・
アンプはUSAでは現行ラインナップのXXK2100を
メーカーさんの計らいで、偉大のみ新品ゲット!!


CIMAY33
純正マルチの音声をAUX入力しHDDナビの画像をモニターに映し出しました。


Y33 CIMA
■ニッサンY33シーマ
純正マルチを生かしてDVDとCD700U取付