HOME > Car Audio > HONDA > LIFE
Car Audio

LIFE
常連様のライフは前回からのステップアップです。
日々進化するお客様
ステップアップで音の変化を楽しみ、確実に音質が変わり実感していただけているようです。
前回取付時は、埋め込むだけで終わったQSS674のTW今回は角度付けて整形します。
整形後はこちら
高さ角度埋め込みのデザインすべて音にかかわるのできっちり測定して角度決めして整形
ピラー裏側もバッチリ防振済み
運転席側も
デットニングもQSを鳴らしきるために
オリジナルの一枚張りで
スピーカーは表に出ませんが、バーチ材でバッフル製作しがっちり固定。
ドアパネルをすればわかりませんね。
アンプもハーツの2ChからKICKERの4Chに変更
今回はバイアンプで鳴らすために4chをセレクト。KXシリーズを使ったのには訳があり
IQアンプで鳴らすQSとKXアンプで鳴らすQSの違いを好みから選んでいただきました。

昔のアンプで言ったらXS100で鳴らすのとZR1000で鳴らす違いみたいに音に特徴があるので〜


LIFE
常連様のお車、スピーカー交換、デットニング、ウーハー設置、アンプ追加、ハイレゾ対応ナビにステップアップを続け今回はスピーカーをKICKER QSS67に変更しました。
音の違いを楽しみながらステップアップを続けるお客様
今回はTWの相談から、ディスプレーを試聴頂き、KICKERのQSSに
以前取付させて頂いたハーツESK F165.5
バッフルもバーチ材でしたが今回は交換です。
TWもダッシュに設置してました。
今回QSS取付で、奥行き、開口部全てをクリアしてぎりぎりQSSが入ります。
バッフルはオリジナル製作のバーチ材でばっちりクリアランス確保
インナーでKICKERのQSSが付きました。
インナーの為ドアパネルをすれば覗かないとわからないですが、音は格段に良くなってます。
QSのTWは埋め込み用なので、ギリギリのところでスペース確保して穴明け埋め込み
次のステップでピラー整形も良いですし、
そのままご利用していただいても問題ありません。
勿論音を出しながら位置決めしておりますので安心です。